Loading
待合室マーケティング®︎ー確認用

待合室マーケティング®︎ー確認用

私はエントランスや待合室は、患者さんにとって来院される際の一つの基準になると思います。
このネット社会にホームページがない医院も少ないとは思いますが、私含め、病院という閉鎖的なかつ不安になるところは、飲食店以上にHPで検索して行かれる方は多いと思います。

私は仕事柄全国の歯科医院を回ることが多いのですが、まずどの医院もアクセス調べるためにその医院様のHPをみます。
そこで患者さんも私も期待値が上がってしまい実際行くと・・・
みたいなことよくありますよね?

それはエントランスが整備されてない
受付の対応
待合室の汚さ
歯医者特有の匂い
などなどあると思います。
病院は特に個人情報を多く扱うのもあり比較的中が見えない様に作りますよね。

だからこそ患者さんも私も一度はいらないとわからないと思うのです。

患者様の満足度があがる魅力的な待合室をつくるには
このような方にオススメ
・患者様にとって居心地の良い待合室をつくりたい。
・医院について、もっと患者様に知ってもらいたい。
・待合室で効果的に販促をかけたい。
・自院らしい、オリジナルの待合室をつくりたい。
・待合室を医院のコミュニケーションスペースとして活用したい。

取り組み概要
待合室は患者様が多くの時間を過ごす場所であり、治療を待つ患者様は特にどんな事されるのかなど不安で手持ち無沙汰になりがちです。
さらに、実は受付スタッフなど受付に常時いるスタッフにとっても大事な空間だと気づいてますか?
テレビを設置する場所や、待合室の椅子の配置は受付スタッフに常に「まだ?」みたいな目線を感じる場所でもあり配置によってはそれがストレスで離職するスタッフがいるのも事実です。

そこで、待合室のレイアウトや掲示物の作り方、見せ方を工夫することで、患者様のデンタルIQを高め、医院についての情報発信や販売促進をすることができます。
また、待合室のつくり方を工夫することで過ごしやすい空間をつくり患者満足度をアップさせたい先生におすすめです。
このメニューでは、院長先生とスタッフへのヒアリング、調査を行い、自院の長所・強みを明確にした上で、その強みを効果的に患者様に伝わる待合室の掲示物の代行作成、見せ方のご提案をいたします。
作成後は、医院内で内製ができるようにスタッフ向けの実践研修も承ります。


物販向上委員会 第1回
「物販の役割、今一度考えてみませんか?」

物販向上委員会 第2回
「物販エリアの改善どこから手をつける?」

物販向上委員会 第3回
「患者の心を掴みやすいアイテムって?」

物販向上委員会 第4回
「歯ブラシのディスプレイと処方時の注意点」

物販向上委員会 第5回
「侮れない歯ブラシ以外の物理的清掃用具」

物販向上委員会 第6回
「歯磨剤の基本を知ろう!」

物販向上委員会 第7回
「歯磨剤・洗口液の成分表示の見方・考え方」

物販向上委員会 第8回
「唾液検査の活用方法」

物販向上委員会 第9回
「唾液検査をセルフケアグッズの処方に繋げよう!」

物販向上委員会 第10回
「口臭が気になる患者さんへのセルフケアグッズの処方」

物販向上委員会 第11回
「ディスプレイを変える7つの法則」
【前編】ゴールデンラインを意識すべし!

物販向上委員会 第12回
「ディスプレイを変える7つの法則」
【後編】イチオシ商品を売るためには?

物販向上委員会 第13回
番外編「都内の歯科医院の待合室を考察する」


料金について

待合室診断(中原の訪問):230,000円/6時間
図面診断料金:110,000円(税込)


  • 院内の写真と図面
  • スタッフ構成(肩書き:主任衛生士、受付主任、何年目、ざっとした印象など)
  • こだわりのアイテム
  • 物販のリスト(販売価格、仕入れ値、月にどのくらい売れているかのリストなどがあれば助かります。)
    物販売上シート参考例↓

PAGE TOP